工学社より「鉄道模型自動運転のレイアウト」出版予定です

  • 2020.01.09 Thursday
  • 19:58

工学社より1月27日に「鉄道模型自動運転のレイアウト」が出版される予定です。

内容については、工学社の新刊案内

https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-2097-8

をご覧ください。

今回は、先回の後編として、

■ATSシステムのレイアウトへの組み込み、

■ATSシステムの試運転と仕上げ、

■レイアウト設置用の速度計をつくる

の内容を記載しました。

 

KATOの新動力を走らせる

  • 2019.12.06 Friday
  • 16:28

 

KATOよりチビ凸用動力ユニット(品番:11-109)が発売されました。

 


予約していた4セットが届きましたので、早速Bトレの電気機関車に組込んででみました。 以前の品番が 11-103 の動力ユニットが不調のために、長らくお蔵入りになっていた車両です。
可哀そうにと思って、トレーラー台車を履かせたり、11-105〜11-107の動力ユニットを無理やり組み込んでいた車両もありました。

今回、最新のコアレスモータを組込んだ動力に置き換えることで、卓上レイアウトの主役に躍り出ました。

 

機関車前面にはスカートがあるのですが、動力ユニットと干渉するため取り外しています。 そのうちにユニット端部を削って取り付けようと思っています。
まずは単機走行にて調子を見ましょう。 そして客車を牽引させました。


4台の動力車の走りは安定しており、調子も揃っているようです。
そして、客車を引かせてみましたが、生き生きと嬉しそうに走行しているように思えました。

これで、卓上レイアウトで遊ぶ楽しみが増えました。

 

 

 

「自動運転の実験」出版される

  • 2019.12.02 Monday
  • 14:36

鉄道模型に関する書籍の第2弾として、自動運転をテーマにした本が工学社より出版されました。

ページ数の関係で途中までとなっていますが、後半も出版が計画されています。

ポケットライン・シリーズの新しい動力ユニットを分解する

  • 2019.10.23 Wednesday
  • 14:48

KATOより発売されたポケットライン・シリーズには新しい動力ユニットが採用されています。その動力ユニットを分解しました。

動力ユニットは、チビ客車用の動力ユニットですから、デッキのあるタイプです。11月にはデッキの部分のないタイプの動力ユニットが単体で発売されるとのことなので、Bトレ用ELの動力ユニットとして予約注文を致しました。

 

車体部分を取り外した動力ユニットを下に示します。

 

外観をカバーが覆っており、モータはまだ見えません。下から覗くと集電シューが見えましたが、この集電構造は実績のある確実な方法のようです。 これも走りの改善に寄与しているようです。

車体を覆ている下のカバーも取り外してみました。下左の写真。 さらに上のカバーも取り外しました。下右の写真。

そして、やっとモータが見えるようになりました。

コアレスモータが金属製のフレームの中にすっぽりと入っています。回転軸にはフライホイールが取り付けられ、その先端に小さなウォームが見えます。 一番驚いたのは、モーター軸が少し斜めになっている事です。構造の工夫の様です。

そして、下の写真は、モータを取り出した状態です。

さらにビックリしたのは、その下に見えた歯車列です。フレームを少し開き、下から見た状態を下の写真に示す。

ウォームギヤと噛みあうホイールギヤから、段付き歯車で減速されたギヤが動輪のギヤと噛合っていましたが、左右の動輪は小さなアイドラギヤで連結しているのです。

シンプルな構造ですが、合理的な設計であると感じました。

まだ動力特性を測定していないので分解はここで中止して、元の状態に組み付けました。

 

ポケットラインシリーズの新しい動力ユニット

  • 2019.10.21 Monday
  • 15:26

KATOより新しい動力ユニットを採用したポケットライン・シリーズが発売されたので入手しました。小形コアレスモーターを使用した新開発の動力ユニットとのことですので、期待して走らせました。

レイアウトはこたつの天板を利用した急増の卓上レイアウトです。

 

まず、新開発の動力ユニットを走らせました。KATOが自信を持って発売しただけあって、走行は非常にスムースですね。

SLで培われてきたコアレスモータの技術が見事に活用されています。

比較のために、旧モデルも走らせました。このモデルの元々の動力は作動不安定でしたので、ボギー形式の小型車両用動力ユニットに取り換えてあります。Bトレの電車に幅広く使用してきた動力です。

やはり格段の差がありますね。動画も撮影しました。

テスト走行もそこそこに、早速分解してみましたが、流石にと感心してしまいました。

 

*********** 次回報告! *******************************

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM