レイアウトに速度計を設置しよう

  • 2019.02.22 Friday
  • 17:07

 分散式のATSシステムが完成したので次のプロジェクトとして、速度計の設置に取り掛かることにした。

 

 レイアウト内に設置した速度計は、2014/8/1に報告した「レイアウトに速度計を設置する」のように、一度は実施したことがある。 しかし、この装置はレイアウト変更によって撤去されている状態である。 今回、再びこのテーマに取り組むことにし、しかも機能アップした装置とする。

 設置場所はここに狙いを定めている。 そして、この装置の構想を下のイラストで示す。

 長さ140mmの複線を使い、両側に測定ゲートを立てて上からLEDで光線を下に照射する。その光を線路の穴の中に設けたフォトダイオードで受けて車両の通過タイミングを測るのである。 ゲートのインとアウトの時間より走行速度を計算して、3桁の7セグメントLEDに表示させる。 さらに、線路に供給されている電圧も測定して表示させることも考えている。

 

 今回の改良点は、

  1. 複線の計測をそれぞれ独立して計測して表示させる。 車両が同時にここを通過しても個別に測定出来るようにする。
  2. 処理マイコンは現在勉強中のPICマイコンを使い、レール下に収めコンパクトなシステムとする。
  3. 全ての制御ユニットは、複線レールに組み込んで一体化し、レイアウトのどの場所にでも設置できるようにする。
  4. 線路に供給されている電圧も測定して表示させる。

 

 この機能を実現するには

  1. 電圧表示は、以前も使用していた2016/12/13報告の「給電ポイントの追加と電圧計の設置」の電圧計を復活させる。この超小型2線式LEDデジタル電圧計は、レールの右と左に接続するだけで機能するので、超簡単に設置できる。
  2. 通過センサの方式は、以前と同じ方法を採用するが、光は上から照射してセンサをレール下に埋め込むことにする。
  3. 両ゲートの通過時間を計測してスケール速度に換算し、その速度を表示する。
  4. 表示は見やすい7セグメントLEDを使用する。

 

 ここで、問題になるのはマイコンの選定とプログラム方法である。 以前のようにArduinoを使用した場合は、同時に複線の速度計測が難しく、かつ、かさばるので今回は選定外とした。

 

 そこで、PICマイコンを使てみることにするが、分散式の新ATSのようにシーケンス制御でなく、スケール速度換算の演算処理が必要となるので、簡単なアッセンブラーでは難しそうである。 かけ算には、mul 命令とかで、16ビットのマイコンが必要になるとのことだ。 自分はいま、8ビットマイコンを使っているので、C言語を使う必要が出てきたのだ。 そして、時間計測も割込み処理が必要のようだし、7セグメントLEDもややこしそうだ。これらもC言語で処理しなければならないのである。

 

 そこで、まず、PICマイコンのC言語を使ったプログラム方法の習得に挑戦しよう。 と言う訳で、最近ゴソゴソと始めたのだが先日報告したように、超初心者にはウロウロの連続なのである。

 今日現在、簡単なプログラムのコンパイルがやっと通るようになった状態なのである。その様子を逐次報告して行こう。

 

 

MPLAB 不具合の原因が分かったぞ

  • 2019.02.13 Wednesday
  • 11:28

この2週間悩んで来たトラブルの原因がやっと分かった。

PICマイコンのプログラムを記述するMPLAB IDE がおかしくなって四苦八苦していたが、その原因は未知なゆえのファイルの整理であった。

 

トラブルの内容は、MPLAB IDEに今まで作ったファイルが取り込めないのである。ファイルを開けようとした時、右のようなメッセージが出て折角作成した今までのファイルを使うことができないのである。

 

ソフトの問題なのか、あるいはOSの問題ではないかと疑って、OSの再インストールまでしてしまったのであるが、ネットで見つけたあるアドバイスが解決のヒントになった。

 

それは、

 フォルダのパスに日本語が含まれていませんか?

 MPLABではパスに日本語はつかえません

との記述であった。

質問者は、ファイルを開くでファイル名を拾って入力するだけでなのにと・・・・・とのことでした。

 

自分の場合でも右のように確かに日本語のフォルダがあります。

そこで、MPLAB IDEから新しくファイルを保存した場合にはどこに保管されるのか追跡してみました。すると意外な事が分かったのです。

 

ファイルの出し入れがOKの場合のフォルダの位置。

 

ファイルの出し入れがNGの場合のフォルダの位置。

 

なんでこのような状態になっただろうか。その原因はすぐに判明しました。今回、MPLA X に挑戦するために、今までのファイルを整理整頓したのでした。 この時ファイルの保管位置を「ドキュメント」フォルダの中に移動させていたのです。

 

MPLAB IDEは自分自身がファイルを保管する場合、アクセス可能な日本語名の無い場所を探して保管するようにしているようである。その場所は、OSが作った「ドキュメント」というファオルダでなくて、パソコン名から作成された英文字のフォルダに保管するものと理解します。

 

すると、パソコン名に日本語を使った場合にはトラブルになるとのアドバイスも理解できます。

 

今後は、ファイルを開くときのメッセージも注意することにしましょう。

NGの場合は、ファイル名が見えているのにパスに日本語が入っているためNGとなってしまうのです。

 

今後は、この欄に注意しながらプロジェクトを進めることにします。

さらに、原因が分かったので、安心してMPLA X に挑戦することにしますが、別のパソコンで実施するのが良さそうですね。

 

最後の、色々な情報をネットに挙げて於いてくださった方々にお礼申し上げます。

MPLABの恐ろしい底なし沼にはまり込んでいる

  • 2019.02.11 Monday
  • 15:41

昨年の夏から、PICマイコンを使った分散式の自動列車停車システム、即ち新ATSの構築に取り組んでいる。そして初めて取り扱うPICマイコンについてもいちから勉強を始めたが、現在、MPLABの恐ろしい底なし沼にはまり込んでいるのである。

 

PICマイコンを使うためにはMPLABの使用が不可欠であるので、教則本として「8ピンPICではじめてのマイコン工作を始める」を使って勉強を始めた。使用する機器は、 PIC12F683 と PICkit3 であった。使用するソフトは教則本に従って MPLAB IDE Ver8.53 をインストールした。

 

教則本に従って使い方を学び、当初予定していた PIC12F635 も使える様になった。その結果、目的の新ATSも無事に構築することが出来た。これらのいきさつは本家の「鉄道模型工作実験室」で報告しているので、参照ください。

 

ところで、このMPLAB は既にバージョンアップされており、MPLAB X として紹介されている。しかし、8ピンPICを使った場合を解説する書籍類が無かったため、自分で挑戦してみることにした。 そして、無料であるこのソフト、MPLAB X をダウンロードしてインストールしてみたが、ここからが苦難の始まりであった。

 

まず、画面が一新されており、機能もいろいろ盛沢山な様子であった。試しに、今までのフィアルを読み込んでみようとしたが見事に失敗であった。ファイルの取り扱い方が異なっているようである。 そこで、改めて命令を打ち込んでいったのだが、アッセンブルエラーばかりで前には進めなかった。エラー内容が理解出来なので修正方法も手が出ないのである。素人の悲しさか。

 

インストールしたのはWindows10 をインストールしたノートパソコンであるので、画面が小さく小さの文字が読めない。 そこで古いながら大きな画面のデスクトップ・パソコンにインストールすることにした。OSはWindowsXPである。
ファイルは新しく作成し、命令語を手で打ち込んで作った。今度はアッセンブルは成功するも、PICkitを使っての書き込みがエラーとなってしまった。あれこれトライしたが前には進めなかった。どうやらネットにつながっている必要があるように思えた。このパソコンはスタンドアロンで使用しているのだ。

 

そこでノートパソコンに戻って、同様にファイルを作り手で命令を打ち込んだ。こちらはアセンブルも出来なかったので、諦めてこのソフトをアンインストールした。その後、旧ソフトのMPLAB IDEまでもおかしくなってしまったのだ。 今までのファイルが読み込めなくなってしまった。 ファイルは見えているのにパスが不正ですといって一行も表示されていない空白の画面を表示するのみである。

 

ソフトをアンインストールした時に大切なファイルまで消してしまったと思って、このMPLAB IDEも再インストールしたのであるが現象は同じであった。そこで思い切ってOSまで再インストールしてみた個人情報は残すといる設定で実施したのであるが、状況は一向に改善されなかった。以前の状態には戻れず、PICを使うことすらも出来なってしまったのだ

 

2月初めよりすでに10日間もこの問題に取り組んでいるが、すっかり落ち込んでしまっている。こんなヤバイソフトは初めてである。知らないがための操作ミスによって、OSまで破壊されている(?)ソフトは初めてだ。幸いノートパソコンは大切な作業には使っていないので大きな被害はないが、何故だろうとの疑問ばかりだ。

 

反省として、

1)同じパソコン上にMPLAB IDEとMPLAB Xはインストールしないようにする。
2)MPLAB Xは色々な機能が付与されているが、自分が使うには旧品のMPLAB IDEで充分だ。
3)PICkit はソフトに合わせてファームウエァを更新しているようなので、パソコンはネットにつなげて状態で使用するのが良さそうだ。
4)PICマイコンは品番が異なるとその設定方法も異なっているので、使用したい石と言語に合わせた解説本を探しておこう。自分で勉強するのは大変である。

 

いま、ノートパソコンは、すべての情報を消し去ってまっさらの状態にOSをインストールし直している状態である。
さて、これからどうするか思案中である。

 

方法その1) 以前の状態に戻すべく旧品の MPLAB IDE Ver8.53 をインストールし、今までのプログラムを使えるようにする。
方法その2) 思い切って新しいMPLAB X をインストールして、今までのプログラムは全て入力し直す。

 

なお、今までのファイルそのものは、おかしくなってから書き換えていないので大丈夫と判断している。

さて、どうしようか!

 

参考としてMPLABの旧ソフトは、Downloads Archive からダウンロードして利用している。


 

小型SLの重連走行について

  • 2018.01.27 Saturday
  • 09:51

先日、小型SLのクラウス1412号機とボードウィン9号機の重連している動画を紹介しました。

この2両の機関車は、走行速度が大きく違っています。その違いを動画で紹介しましょう。

これだけ速度差があっても、重連させるとスムースに走行するのです。

また、このレイアウトはまだ作成途中なので、機関車が途中で引っかかってしまいます。 これは、TOMIXの路面用パーツキット1(376)を使ったいるため、線路脇のプレートが浮き上がっているためです。注意して設置したのですが不十分であり、小さなSLではわずかな接触でもすぐに止まってしまいます。

しかし、重連させるとお互いが助け合って対処しているため、問題無く走行しています。

 スムースな運行のために、この路面用パーツを線路付きのものに取り換える予定です。

 

車載カメラシステムのアプリに対する回答を頂きました

  • 2017.08.26 Saturday
  • 08:40

車載カメラシステムのアプリがフリーズする件について、トミーテック お客様相談室から8月14日に回答を頂いていました。フリーズした翌日(8月11日)には直っていましたので、回答があったことをすっかり忘れていました。丁度、連休を挟んでの質問でしたので回答が遅れたものと推察します。

 

回答して頂いた内容は、

端末の再起動、WI-FI設定の再起動をお試しいただき、上記で改善しない場合は、一旦アプリをアンインストールして、再度インストールをお試しいただきますようお願い申し上げます。

とのことです。

端末の再起動、WI-FI設定の再起動を試したがダメでしたので、再インストールを考えていたのですが、翌日には直っていましたのでそのままの状態です。

回答頂き有難うございました。

あ! 直っている

  • 2017.08.11 Friday
  • 08:42

昨夜、フリーズしてしまったTOMIXの車載カメラシステムが、今朝直っていました。 再インストールは必要なかったようです。

アプリを起動させると、スタート画面が表示され、昨夜録画し映像を再生することが出来ました。

フリーズしても録画した映像には影響を与えないようです。 しかし、最後の映像は何も映っていませんでした。ここでフリーズしたものと思われます。

一晩、塩付けにしておくと直るようですね。  本当は困るのですが・・・・・・・・。

とにかく一晩休ませると元に戻るようですので、その時点でその日の作業は打ち切りにすれば良いだけですよね・・・・・・!

これでは、ユーザーの評判は下降線の一途になると思います。

 

車載カメラシステムがフリーズ

  • 2017.08.10 Thursday
  • 21:58

TOMIXの車載カメラがフリーズしてしまいました。フリーズと言っても中央の風車はぐるぐると回っている状態ですが。

夜行列車の後姿を撮影しようと考えて、色々なシーンを試していたところ、画面が動かなくなりました。そこで、タップすると上記のような画面となり、ニッチもサッチも行かなくなりました。スマホアプリがフリーズしてしまったようです。

パソコンなどのソフトに倣って、スマホの電源を切り、再びスマホを起動させて、アプリを起動させたのですが、同じ画面が出て来てしまいます。再スタートしても同じ状態になるので、アプリの再インストールするしか対処方法は無いようですが、いちおうTOMIXに問い合わせ中です。

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM