TOMIXのC11お嬢さんに嫌われた

  • 2017.04.21 Friday
  • 14:26

先月末、TOMIX社初のフライホイール付コアレスモーターを搭載した蒸気機関車C11が発売された。このの動力特性は既に測定済みであるが、スリップ率や集電特性を調べるために、追加の測定を実施することにした。

このためには、モータ回転数を計測するセンサや端子電圧を検出する端子を車体に取り付ける必要があるし、減速ギヤ比と動輪直径も測定して置くことも必要がある。このため、車体を分解して調査を実施した。

再組付けを実施して、回転数センサを取り付けることにした。場所は車体の横側である。

そして、性能測定台の上に載せて実験を開始する。

しかし、ここでトラブルが発生した。車両が動かないのである。

再組付け途中でのチェックでは正常であったのに? コールバンク部分を少し捻じるとスーと動き出したが、今度は配線に引っ張られて脱線してしまう。釣り竿の位置を調整し直して、再度動かそうとするとまたもや動かないである。ヘッドライトは点灯しているので、基盤部分の接触不良と判断する。再度調整して走行させると、今度はポイント部分で動輪が脱線してしまうのである。何度か調整、再トライを実施するも、さすがに堪忍袋が切れてしまった。TOMIXのC11お嬢さんに嫌われてしまったのだ!

 実験を中止する !

そして改めた原因を調べた結果、後方のライトユニットの接触不良と判明した。対策として2×7×0.1mm のリン青銅を切り出して少し湾曲させて基盤とシャシーの間に挿入するようにした。

対策は成功であったが、さすがに再実験する意欲は失せていた・・・・・・・・・・・。

緻密にかつ綺麗に着飾った洋服類を脱がし、丸裸にしてしまったので、妙齢のお嬢さんを怒らせてしまったのだ!

いつの日か、ご機嫌のよい時に再度、挑戦させて頂くことにしよう。

なお、分解調査の詳細は、こちらを参照ください。

   http://rtmrw.parallel.jp/mycollection/sl-1/c11-325/c11-325.html

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

アクセスカウンター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM