跳ね上げ式ブリッジの工作

  • 2017.10.11 Wednesday
  • 22:16

今回のレイアウト工作にて、新しい工作のひとつに跳ね上げ式のブリッジがあります。 部屋の周りを周回するレイアウトですので、どこかに出入り口が必要なのですが、腰をかがめて出入りするには後期高齢者には抵抗があります。 そこで、容易に開閉が出来るブリッジを作ることにしました。

金属工作では道具も腕も有りませんので木工工作となりますので、工作のポイントは、ブリッジのヒンジ部分と線路のつなぎ方法です。工作精度と強度が課題と考えています。

まず、ヒンジ部ですが、厚手の板を使って固定部と可動部を作り、Φ4.0mm のアルミパイプを回転軸にしました。

可動部を上に上げた状態です。

可動部にはブリッジの桁を取り付けヤード部分との直線を出して、土台となる棚にネジで固定しました。

横から見た状態です。

意外とスムースに作動しています。跳ね上げた桁はひもで縛って置くことにします。 また、線路の連結方法は工夫のしどころです。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

アクセスカウンター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM