ローカル路線のテスト走行

  • 2018.01.23 Tuesday
  • 21:34

物置部屋に新しいレイアウトを作っています。 その様子は、本家の「鉄道模型工作実験室」をご覧ください。

その工作途中のローカル路線に対して、テスト走行を実施しました。

 

 

使用した機関車は、Krause1412号機とBoldwin9号機です。一両だけでも走りますが、線路と車両のメンテナンスが十分でないので、引っかかったような動きでしたので重連にしました。どちらかがつまずくと、他方がカバーしてくれます。

 

牽引する客車は、お気に入りの銀河鉄道風のラッピング車両です。KATOのチビ客車3両セット(10-505)にマスキングテープでラッピングしたものです。2015/2/20の「ミニレイアウト雪景色を走る」で紹介したものです。

動画も撮影しました。スムースな走りを観察してください。

 

この重連について、以前に説明して事がありました。2014/7/14「小型蒸気機関車の重連 (その4) Baldein 9 号機と Krauss 141号機」です。重連させる場合には、二つの車両の速度を合せるのが鉄則と言われていますが、この2両の車両の差は2倍近くも異なっているのです

それでもなんとスムースに走行していることか!

その理由も、上のページで説明してますので、参考にして頂ければ幸いです。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

アクセスカウンター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM