MPLAB 不具合の原因が分かったぞ

  • 2019.02.13 Wednesday
  • 11:28

この2週間悩んで来たトラブルの原因がやっと分かった。

PICマイコンのプログラムを記述するMPLAB IDE がおかしくなって四苦八苦していたが、その原因は未知なゆえのファイルの整理であった。

 

トラブルの内容は、MPLAB IDEに今まで作ったファイルが取り込めないのである。ファイルを開けようとした時、右のようなメッセージが出て折角作成した今までのファイルを使うことができないのである。

 

ソフトの問題なのか、あるいはOSの問題ではないかと疑って、OSの再インストールまでしてしまったのであるが、ネットで見つけたあるアドバイスが解決のヒントになった。

 

それは、

 フォルダのパスに日本語が含まれていませんか?

 MPLABではパスに日本語はつかえません

との記述であった。

質問者は、ファイルを開くでファイル名を拾って入力するだけでなのにと・・・・・とのことでした。

 

自分の場合でも右のように確かに日本語のフォルダがあります。

そこで、MPLAB IDEから新しくファイルを保存した場合にはどこに保管されるのか追跡してみました。すると意外な事が分かったのです。

 

ファイルの出し入れがOKの場合のフォルダの位置。

 

ファイルの出し入れがNGの場合のフォルダの位置。

 

なんでこのような状態になっただろうか。その原因はすぐに判明しました。今回、MPLA X に挑戦するために、今までのファイルを整理整頓したのでした。 この時ファイルの保管位置を「ドキュメント」フォルダの中に移動させていたのです。

 

MPLAB IDEは自分自身がファイルを保管する場合、アクセス可能な日本語名の無い場所を探して保管するようにしているようである。その場所は、OSが作った「ドキュメント」というファオルダでなくて、パソコン名から作成された英文字のフォルダに保管するものと理解します。

 

すると、パソコン名に日本語を使った場合にはトラブルになるとのアドバイスも理解できます。

 

今後は、ファイルを開くときのメッセージも注意することにしましょう。

NGの場合は、ファイル名が見えているのにパスに日本語が入っているためNGとなってしまうのです。

 

今後は、この欄に注意しながらプロジェクトを進めることにします。

さらに、原因が分かったので、安心してMPLA X に挑戦することにしますが、別のパソコンで実施するのが良さそうですね。

 

最後の、色々な情報をネットに挙げて於いてくださった方々にお礼申し上げます。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM