レイアウトの検討

  • 2017.02.07 Tuesday
  • 19:04

 レイアウトの変更案を少しずつ進めている。

 

 今回は部屋の配置を検討してみた。部屋の入口部分を跳ね上げ式にするため、線路構成を単純化する必要があった。このため、ヤードを行止まりにして、外周と内周の周回路だけの構成とした。

 しかし、列車の出入りのためには引き上げ線が必要となったために、あらたに追加した。

 また、懸案であった1800×765×400の大きさの本箱については、横に寝かしてヤード部分の台にすることにした。本箱の中は新たに2段の仕切りを作り、そこに車両ケースを保管することとする。グッドアイディアである。

 まだまだ検討する課題は一杯あるが、現在のレイアウトは、TOMIXが発売予定のカメラカーを入手後、走行動画を記録として残した後に解体する予定でいるので、本格的な工事は夏近くになってからと考えている。
 一番検討しておかないといけない事項は自動列車停止システムである。基本構成は現在と同じ考え方で構成するとして、配線が長くなるので集中制御か分散制御かを検討しておく必要がある。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

アクセスカウンター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM