オシロの設定ミスでした

  • 2017.08.28 Monday
  • 09:14

8月25日に投稿した記事に中で、オシロ画面の動画を紹介しました。 納得できなかったので再測定してみました。 その時に、オシロスコープの設定が間違っていることに気が付きました。

 

画面表示モードには、直流結合モードと交流結合モードがありました。 直流結合モードは直流と交流成分を含めた信号全体を表示し、交流結合モードの場合は交流成分だけ表示するそうです。

 

今回のようなデューティー比が変化するPWM制御の場合、平均電圧はデューティー比によって変化します。 このため交流成分だけを表示させると、その中央値が変化して動画の様に移動するのです。

本来は直流結合モードにすべきでした。 そして、このモードで確認したところ、上下の移動はありませんでした。

 

オシロの取り扱いが不十分なド素人の報告をお詫びいたします。

車載カメラシステムのアプリに対する回答を頂きました

  • 2017.08.26 Saturday
  • 08:40

車載カメラシステムのアプリがフリーズする件について、トミーテック お客様相談室から8月14日に回答を頂いていました。フリーズした翌日(8月11日)には直っていましたので、回答があったことをすっかり忘れていました。丁度、連休を挟んでの質問でしたので回答が遅れたものと推察します。

 

回答して頂いた内容は、

端末の再起動、WI-FI設定の再起動をお試しいただき、上記で改善しない場合は、一旦アプリをアンインストールして、再度インストールをお試しいただきますようお願い申し上げます。

とのことです。

端末の再起動、WI-FI設定の再起動を試したがダメでしたので、再インストールを考えていたのですが、翌日には直っていましたのでそのままの状態です。

回答頂き有難うございました。

TOMIXの自動運転ユニットの波形調査

  • 2017.08.25 Friday
  • 22:20

TOMIXから新しい自動運転ユニットの発売が予告されています。

当方は、旧製品となる現在の自動運転ユニット5563を2台所有し、路面電車路線と登山鉄道路線の自動運転に使用していました。

最近では、この登山鉄道路線において、ラズパイを使った自作の自動運転システムに手を染めていますが、まだ未完成状態です。

そこで、新しい自動運転ユニットに手を出すのもいいのですが、価格的に高そうなので止めることにしています。

 

ラズパイでの改善か、あるいはArduino に乗り換えるか、現在保留中です。その判断の足しになるのではと考えて、現在の自動運転ユニット5563の内容をもっと知ろうと考えました。例えば分解調査によって回路構成とか、出力される波形なども調べることにしました。

 

分解調査はほぼ完了したので、今度は出力波形を観察してみました。

まず、フィーダー線から出力されている波形を観察してみましたが、オシロに現れた波形を見ていると、何故だか不思議な動きをしています。自分にはまだ理解できていません。

パワーユニットは N-400 を使用しているので、PWM制御では無いはずなのに、波形はPWM制御波形です。さらに、デューティ比が動いているのが分かります。これは自動運転ユニットの加減速率設定ダイヤルによる加速・減速機能によるものと思われます。

しかし、上のレベルと下のレベルが上下に移動しているのが理解できません。

・・・・・・・・・・・・ 目的と効果は  ⁇⁇⁇⁇???????

 

 

あ! 直っている

  • 2017.08.11 Friday
  • 08:42

昨夜、フリーズしてしまったTOMIXの車載カメラシステムが、今朝直っていました。 再インストールは必要なかったようです。

アプリを起動させると、スタート画面が表示され、昨夜録画し映像を再生することが出来ました。

フリーズしても録画した映像には影響を与えないようです。 しかし、最後の映像は何も映っていませんでした。ここでフリーズしたものと思われます。

一晩、塩付けにしておくと直るようですね。  本当は困るのですが・・・・・・・・。

とにかく一晩休ませると元に戻るようですので、その時点でその日の作業は打ち切りにすれば良いだけですよね・・・・・・!

これでは、ユーザーの評判は下降線の一途になると思います。

 

車載カメラシステムがフリーズ

  • 2017.08.10 Thursday
  • 21:58

TOMIXの車載カメラがフリーズしてしまいました。フリーズと言っても中央の風車はぐるぐると回っている状態ですが。

夜行列車の後姿を撮影しようと考えて、色々なシーンを試していたところ、画面が動かなくなりました。そこで、タップすると上記のような画面となり、ニッチもサッチも行かなくなりました。スマホアプリがフリーズしてしまったようです。

パソコンなどのソフトに倣って、スマホの電源を切り、再びスマホを起動させて、アプリを起動させたのですが、同じ画面が出て来てしまいます。再スタートしても同じ状態になるので、アプリの再インストールするしか対処方法は無いようですが、いちおうTOMIXに問い合わせ中です。

 

鉄たび展の或る列車

  • 2017.08.07 Monday
  • 19:32

2018年8月4日、JR名古屋タカシマヤで開催されていた「鉄たび展」に孫と二人で見に行きました。メイン広場では「或る列車」が運転されていました。 さすがに名人が作られた模型は見事ですね。 それにしてもサイズの大きい模型は見ごたえがあります。 Nゲージでは足元にも及びませんね。財力の差を見せつけられました。 でもそれぞれの楽しみ方が有りますので、自分なりの楽しみ方を追求していきましょう。

 

TOMIXの車載カメラを使う

  • 2017.06.29 Thursday
  • 15:16

予約していたTOMIXの車載カメラシステムセットが届いた。発売延期には慣れっこになっているので、殆ど期待していなかった。

そして今は、ラズパイを使った自動運転システムに熱中している状態なのである。このため、机の上は車止め装置の改良工作の最中であるが、この車載カメラシステムを無視するわけには行かなかった。

作業中の机の上
車載カメラシステム

説明書を拾い読みして、とりあえず試し撮りをしてみた。

最初は、とにかく走らせてみたので速度設定が早すぎましたね。使用したスマホは iPhone5s で、Wi-fi の設定なども問題無く実施できた。録画機能を使って録画し、パソコンに接続してファイルを取り込んだが、なぜだか再生途中でフリーズしてしまった。そこで、動画編集ソフトで再編集した。

 

この車載カメラで、現在のレイアウトをひと通り撮影したら、このレイアウトを解体し、検討中であった新しいレイアウトに更新する予定であったので、自動運転システムやら、レイアウトの更新やらで忙しくなりそうだ。

TOMIXのC11お嬢さんに嫌われた

  • 2017.04.21 Friday
  • 14:26

先月末、TOMIX社初のフライホイール付コアレスモーターを搭載した蒸気機関車C11が発売された。このの動力特性は既に測定済みであるが、スリップ率や集電特性を調べるために、追加の測定を実施することにした。

このためには、モータ回転数を計測するセンサや端子電圧を検出する端子を車体に取り付ける必要があるし、減速ギヤ比と動輪直径も測定して置くことも必要がある。このため、車体を分解して調査を実施した。

再組付けを実施して、回転数センサを取り付けることにした。場所は車体の横側である。

そして、性能測定台の上に載せて実験を開始する。

しかし、ここでトラブルが発生した。車両が動かないのである。

再組付け途中でのチェックでは正常であったのに? コールバンク部分を少し捻じるとスーと動き出したが、今度は配線に引っ張られて脱線してしまう。釣り竿の位置を調整し直して、再度動かそうとするとまたもや動かないである。ヘッドライトは点灯しているので、基盤部分の接触不良と判断する。再度調整して走行させると、今度はポイント部分で動輪が脱線してしまうのである。何度か調整、再トライを実施するも、さすがに堪忍袋が切れてしまった。TOMIXのC11お嬢さんに嫌われてしまったのだ!

 実験を中止する !

そして改めた原因を調べた結果、後方のライトユニットの接触不良と判明した。対策として2×7×0.1mm のリン青銅を切り出して少し湾曲させて基盤とシャシーの間に挿入するようにした。

対策は成功であったが、さすがに再実験する意欲は失せていた・・・・・・・・・・・。

緻密にかつ綺麗に着飾った洋服類を脱がし、丸裸にしてしまったので、妙齢のお嬢さんを怒らせてしまったのだ!

いつの日か、ご機嫌のよい時に再度、挑戦させて頂くことにしよう。

なお、分解調査の詳細は、こちらを参照ください。

   http://rtmrw.parallel.jp/mycollection/sl-1/c11-325/c11-325.html

 

 

PWM制御とコアレスモータと室内灯の三つ巴

  • 2017.04.11 Tuesday
  • 09:59

レイアウトにてTOMIXのC11を使って旧型客車をけん引させようとした時、さらに室内灯も関係することに気が付きました。

PWM制御方式のパワーパックとコアレスモータ搭載の動力車の関係をいろいろ実験してきましたが、さらに室内灯も関係する三つ巴の状態を考慮しなければならにのです。

その様子を性能測定台の上で再現してみました。 まず、手作りの室内灯を組み込んだ客車を点灯させた場合です。

室内灯を点灯させた場合には、機関車が突然速くなる事が確認できます。次にKATOの正規品の室内灯を組み込んだ場合の状態です。

こちらの場合は異常ありません。さすがにメーカー品ですね。このことより、異常が発生する場合は、手作り品が原因し、その回路構成がミスマッチと考えられます。特にチラつき防止のために組み込んだコンデンサが悪さをしていると思われます。

PWM制御はパルス制御ですから、チラつき原因の一つですが、コンデンサによってパルスが平滑化されて、パルス制御の効果が亡くなってしまっていると思われます。当然と言えば当然でね。

オシロを手に入れていますので、この武器を使ってもう少し解析していきたいと思います。

尚、実験に使用したパワーユニットと機関車は、わが本家である鉄道模型工作実験室の「TOMIX製のC11-235号機の性能特性」を参照ください。

TOMIXのC11を手にする

  • 2017.04.01 Saturday
  • 10:17

やっとTOMIXのC11を手にする事ができた。

早速、手にとってみると軽い事に気が付いた。 計ってみると40グラムを切っていた。 軽い!

車体の下側をみると、動輪のトラクションタイヤが2軸4輪もある。 軽い車体重量を摩擦係数を上げることで牽引力を確保するためと思われる。 そして減少した集電性能を確保するために先輪からも集電することにしたのだ。

先輪と従輪の様子を上に示す。 従輪台車は揺動と回転が出来るようになっているのでミニカーブにも対応出来るのだ。 KATOの従来のC11は、揺動しか出来なかったのでミニカーブでは走行できなかったのだ。

付属品も取り付けたが、カプラーの取り付けには参った! 自分が標準にしているナックルカプラーが取り付けられないのだ。

従台車のカプラー取り付け状態を上に示す。 カプラーポケットが無い・・・・・・・。 アーノルドとTNカプラーは釣りつけられるが、他のカプラーは細工する必要があるのだ。 他の人のブログを見てみるとGM製のナックルカプラーを後端梁の取り付け穴に差し込んでいるようでしたが、自分はこのままTNカプラーを使うことにしました。 相手車両を決めてこの車両の一方だけはTNカプラーを装着させることにします。

なお、まだすこしだけ動かしただけですが異音の件は、無事の様子です。でも、ロッド類が擦れるシャーと言う音が大きい気がします。オイルの塗布が必要かもしれません。

 

自分としての不満な点は、(1)ナックルカプラーが取り付けられないこと。(2)説明書が標準のA4サイズよりも縦に長いために、そのままではファイル出来ないこと。このために、横にして折りたたんでA4サイズの紙にセロテープで止めています。記入することが多かったなら、A4サイズを2枚にして貰いたいですね。A4サイズを2枚にするのか、特殊サイズの紙を採用するのか、コスト的にはどちらが有利なのだろうか?